招待状

こんにちはジャック・オ・ランタン
Ocean Stage TOKYO草野です。
秋風が冷たく感じるようになってきた今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
皆様、台風の影響は大丈夫でしたか。

さて、今日は招待状について少しお話をしたいと思います。
海外ウェディングでも招待状は必要なのか・・・どうしたら良いのか・・・
悩まれる方、是非ご参考下さいませ!きのこ。

結婚式が決まったカップルが、自分達らしさをアピールできる
最初のアイテムが招待状です。
招待状の歴史はそれほど古いものではなく、大正時代頃から始まったと言われています。
一般的には、両家の親の名前(連名)で出していましたが、
一昔前は、新郎側の父親の名前を差出人にしていたようです。
これは、「結婚は家と家との結びつき」という考えが強かったこと、そして、
結婚できるまで一人前に立派に育て上げたという親の役割や意識から生まれた習慣のようです。

とは言え・・・ハワイウェディングの場合は、近しい親族の方が中心のお式が多いため、
メールやお電話にてお伝えすることが多いのですが、
最近はご友人様もご参列頂けることが多く招待状をお申込みの方が増えています音符
やっぱり、招待状が届くと誰でも嬉しいものですよねっ♫

招待状は、一般的にだいたい結婚式の2ヶ月前にお出しするのですが、
海外ウェディングの場合はご旅行のお手配との関係がございますので、
その都度、お気軽にご相談下さい~♫

ちなみに・・・結婚式はおめでたいことなので、縁起を担いで
大安・友引のお日柄が良い日に手渡しもしくは、
ポスト投函(その日の消印が押されます)して頂くと良いそうですにこ
こんな素敵な意味を持つ招待状♡
弊社でも何種類かのデザインをご準備しておりますので、ご相談くださいドキドキ


(↑招待状外側イメージ)


(↑セント・カタリナ・シーサイドチャペルをあしらった
 招待状が作成できるのはグロリアブライダルだけです!)

✩ハワイウェディング✩
グロリアブライダル
http://www.hawaii-gloria.com/

次の記事を見る

前の記事を見る